木彫り おそ松さんの十四松を彫ってみた

スポンサードリンク


みなさんアニメは好きですか?

私はもともとそんなにアニメは見ない方ですが、パチスロが好きで、面白い台があればそのアニメも見ることにしています。エヴァンゲリオンとかエウレカセブンマドカマギカなどがそうですね。スロットの演出がおもしろくて、アニメも見てみようと思って、大成功だったパターンです。

その点、おそ松さんのスロットは糞つまらなかったんですね(笑)おそ松君のスロットは4号機屈指の爆裂機で6をつもれば万枚ほぼ確定というとんでもない台でしたが、おそ松さんは、とんでもない糞台で一瞬で消えてしまいました。。でも、おそ松さんのアニメはめちゃくちゃおもしろいという話を聞いて見てみました。

そして一度見てみたら、あのはなまるぴっぴの歌と斬新なストーリーにまんまとハマってしまいました。わたしの推しは十四松。電車で彼女?を見送るシーンで一発でやられてしまいました。号泣ものですね。でも、最後に見たのが笑顔でよかった。

ということで、おそ松さんものを彫るなら最初は十四松かなと思っていました。六つ子の中では特徴のある方なので、なんとか彫れるかなという感触はあります。一松さん曰く、いつも空いている口とアホ毛ですね。

では、木彫りを始めていきましょう。まずは下書きですね。木の大きさの都合上、上半身だけにします。

下書きをしたら、余分なところをのこぎりでカットですね。

 
頭から彫っていくことにします。

 
で、いつも空いている口を彫っていきます。もうちょっと口が大きかったかな(;´・д・)

そして、おそ松さんのトレードマークのパーカーです。

アホ毛彫るの忘れてた。。。下書きの時には、なんとなく書いてたのに。ずるいですけど、接着剤でアホ毛を装着することにしました。

そして、色を塗っていきます。十四松といえば黄色ですよね。

一通り塗って、木彫り十四松の完成です。輪郭がちょっとおかしいのかなぁ。ちょっと似てない気がしますね(@×@)でもどこを修正していいのかよくわからないからこれで良しとします(笑)

今回は、割と彫っていく過程を細かく写真を撮っていたので、ストップモーション風にして動画にしてみましたのでぜひ見てください。実際は、ただ写真を並べただけですけどね(-_-;)

読んでいただきましてありがとうございました。
おそ松さんのキャラは今後も挑戦していくと思います!

スポンサードリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です